インプラント治療を受けて快適な生活をゲット

治療

入れ歯が自分の口にフィットしない

歯を失った場合、入れ歯を装着することを歯医者から勧められることがあります。しかしながら、必ず入れ歯が口に合うとは限りません。もし、合わなかった場合、装着するだけで不快に思いストレスが溜まります。ストレスは万病の元ですので、入れ歯が合わなかったら、インプラント治療をしましょう。

治療

虫歯を抜いたときにも良い

虫歯の進行度によっては、抜歯することがあります。抜歯すると、審美性が失われてしまいますので、歯が無いことでコンプレックスに感じることもあると思います。そのような方は、インプラント治療がぴったりです。インプラント治療を受ければ、審美性も元に戻りますよ。

治療器具

噛む力が弱く食事が楽しめないなら

歯は一本でも失ってしまうと、噛む力が弱くなります。噛む力が弱くなると、食事の際にうまく咀嚼することができず、消化器官に負担を掛けてしまいます。このような状態になってしまうと、せっかくの食事を楽しむことができません。インプラント治療を受ければ、噛む力が戻りますので、食事を楽しむことができます。

ブリッジ治療とインプラント治療の違い

ブリッジ治療

歯を失った箇所と隣り合った部分の歯を削り、橋のような形状の被せものをする治療法です。ケースによっては保険が適用されることがあります。

インプラント治療

歯を失った箇所のアゴの骨に穴を開けて、ネジのような形状の部品を埋め込み、その上部に人工の歯を装着するという治療法です。

[PR]
立川で歯周病を改善☆
評判の高いクリニックをpickup☆

気になる費用について

インプラント治療を受ける際、医療費について気になる方は少なからずいらっしゃると思います。インプラント治療の医療費について、疑問に思いがちな内容を取り上げましたので、インプラント治療をしようと検討している方は、事前に確認しておきましょう。

インプラント治療の費用に関するQ&A

ウーマン

インプラント治療には保険は適用されますか?

自由診療なので、ほとんどの場合、保険は適用されないです。そのため、医療費が高額になりがちなので、予算をどれだけ捻出できるのか、予め考えておきましょう。

医療費の控除はできますか?

インプラント治療は医療費控除の対象になっています。そのため、年間に10万円以上インプラント治療に費やしていれば、医療費控除が可能です。少しでも費用を抑えるためにも、忘れずに申告するようにしてください。

[PR]
栄で歯科の申し込み
歯周病を改善しちゃおう

インプラントは名古屋駅のクリニックで

広告募集中