白く輝く歯にしたいなら審美歯科でホワイトニングを

歯を白くしたい

歯が汚れていると、見た目が良くないです。また、他人にもあまり良い印象を与えないので、審美歯科でホワイトニングをしましょう。ホワイトニングには、様々な利点がありますよ。

ホワイトニングをすることのメリット

歯
no.1

白さを調整できる

最大のメリットと言えます。人によって理想的な白さは異なると思います。施術前にどこまで白くしたいかきちんと伝えておけば、その通りの白さにしてくれますよ。

no.2

歯に負担をかけずに済む

ラミネートベニアなど、歯を白くするための施術は、ホワイトニング以外にも存在しますが、歯を削ったり、被せものをしたりしますので、歯に負担をかけてしまいます。しかしながら、ホワイトニングは、削ったり被せものをしないので、歯への負担がありません。そのため、納得のいく白さになるまで、繰り返し通うことができます。

no.3

治療費が安くできる

歯科クリニックによって料金は異なりますが、ホワイトニングは他の施術と比較して、医療費が安いです。「歯を白くしたいけれど、あまりお金をかけたくない」という方にはぴったりな施術法と言えるでしょう。

白く輝く歯にしたいなら審美歯科でホワイトニングを

男性

ホワイトニング後でも歯磨きは忘れずに

歯の見た目を改善するのが、審美歯科でのホワイトニングです。歯に汚れが溜まると、その汚れに色素が付着してしまい、歯の色が変わってしまう恐れがあります。また、汚れを放置すると、除去がしずらくなってしまいます。それをホワイトニングで解消しますが、せっかくホワイトニングをしても、歯の色が変わってしまったら意味がありません。ですので、きちんと歯磨きをするようにしてください。なお、正しい歯磨きをしないと、磨き残しが出来てしまい、その部分に汚れが溜まってしまいます。磨き残しを防ぐために、歯科医師に歯磨きの仕方についてアドバイスをもらいましょう。

歯型

ホワイトニング直後は色の濃い食べ物は避けよう

ホワイトニングをした後は、歯を保護している膜が剥がれています。そのため、ホワイトニング直後は、歯の色が変わりやすいので、カレーなどの色の濃い食べ物は避けるようにしてください。なお、歯を保護している膜が再生するのに最低でも24時間かかりますので、その間色の濃い食べ物を食べないように注意しましょう。また、ホワイトニングした後に酸っぱいものを摂取してしまうと、歯の表面が荒れてしまいますので、ホワイトニングをして1、2時間は、酸っぱいものも摂取しないようにしてください。

女の人

色の濃い飲み物にも注意を!

ホワイトニングした後は、飲み物にも注意しないといけません。コーヒーや紅茶など、色の濃い飲み物を飲むことによっても、歯の色は変わってしまう恐れがあります。どうしても我慢ができず、飲みたい場合は、ストローをうまく使って歯に触れないようにして飲むようにしてください。そして飲んだ後に口をゆすぎましょう。可能であれば、歯磨きをするのがベストです。

口元

定期的に審美歯科に通おう

ホワイトニングをしたからといって、永遠にその白さをキープすることはできません。歯の白さをキープするためには、こまめにホワイトニングするのが一番です。また、歯のクリーニングすることも大切ですよ。日頃の心がけ一つで、その後の運命が大きく変わります。

ホワイトニングした人の喜びの声

院内

歯の黄ばみが無くなりました

タバコを吸っていたので、人よりも歯が黄ばんでいました。妻から勧められてホワイトニングをしたところ、今までの黄ばみが嘘のように白くなることができました。妻も喜んでいます。本当にありがとうございました。

思いっきり笑うことができます

歯が白くないので、人と話すのが苦手でした。でもこれじゃいけないと思い、ホワイトニングをしてイメージ通りに白くできました。今では、人と会話するのが楽しくて仕方がありません。

広告募集中